<< 太ももダイエットと疲労 | main | インテリアカラーのイメージ  >>
スポンサードリンク

スポンサーサイト

  • 2012.11.15 Thursday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


インテリアカラーのイメージ

 インテリアカラーは、部屋のイメージだけでなく、感情を安定させたり、目や体を休めたり、作業能率を上げる等の心理的、生理的なことにも影響するとされています。

たとえば、グリーンを取り入れた部屋は癒し効果があるとされ、イエローを取り入れた部屋は元気が出る、などファッションカラーと同様、色には見えない力があるとされています。

自分の部屋に何を求めるかによって色を決めることもできますし、またどういった自分でいたい、あるいはなりたいかを創造してカラーコーディネートをすることができます。

まず、コーディネイトするには自分の好みについて、漠然と考えて見ましょう。

次にもう少し具体的にイメージを絞り込みましょう。
和風か洋風か、アジアン・カントリー・ラテンスタイル・・・様々ありますね。
好みはテーマと結びついています。

次に色の性質を具体的にみてみましょう。

色には暖色と寒色というのがあり、赤や橙、黄は「暖色系」で、緑や青、紫は「寒色系」に分けられます。ピンクや茶色も暖かみを感じさせるので暖色に入れられます。

白や黒、グレーなどのモノトーンは冷たさを感じさせるので、どちらかといえば寒色系に分けられるのではないでしょうか。

もし、やさしい暖かなイメージのお部屋を考えているのなら、暖色系の分けられる色を選ぶとよいでしょう。

シックでシンプルな部屋を望むのなら黒や白などの無彩色のモノトーンを、爽やかでさっぱりとしたイメージした部屋なら青や緑といった寒色系の色を選ぶとよいでしょう。


スポンサーサイト

  • 2012.11.15 Thursday
  • -
  • 05:56
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>
sponsored links
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM
スポンサードリンク